屋根の種類

カビが生えた屋根

屋根は365日24時間、雨や風から人々を守ってくれるとても大切なものであると言えます。
そのため、どうしても傷がついてしまったり、はがれてしまったリスことがあります。
また、瓦などを使用しているのであれば割れてしまったりすることも考えられます。
それらをそのままにしておくと、雨が降ったときに雨漏りを引き起こしてしまいます。
いざという時にそうならないためにも、定期的に点検をしっかりと行う必要があると言えます。
瓦は日本独自の屋根と言えます。
当然多くの良さがありますが、現在の屋根に多いスタイルはスレートと呼ばれるものが多くなっています。
その特徴は何と言っても軽量であると言うところにあります。
瓦ですとどうしても重たくなってしまうのですが、スレートは軽量の為、住宅自体にあまり不可をかける事がありません。
これらの屋根にヒビや割れなどが発生した際には屋根工事を早急に行う必要があります。
そうする事によって住宅がより長持ちするからです。

◯雨漏りの注意点
瓦屋根は一見きれいなように見えても紫外線や風雨にさらされていることで亀裂が入ってしまったり、老朽化してくるため雨漏りのん原因になってしまうと言われています。
また、冬などの寒いシーズンには凍結による瓦内部の膨張がきっかけて亀裂が入ってしまうケースがあるようです。
防水シートも劣化したり破れやすいためメンテナンスをおこなうことがすすめられています。
ビスのところからクラックが入ってしまうことがありますので、日々が入っていないか抜けかけていないか、痛みなどがないかをチェックすることが大切だと言われています。
浅木と呼ばれている支えの部分には木材が使用されているため、腐食などによってズレを起こして雨漏りの原因になることがあるようです。
雨樋が破損していたりゴミが溜まっていると水はけが悪くなってしまうため屋根の雨水が流れにくくなり雨漏りへと繋がってしまうと言われているようです。
漆喰などが剥がれて土が見えてしまうとそこから雨水が侵入してしまうことがあります。

オススメリンク


屋根の瓦が傷んだなと思ったら屋根工事は京都の業者にお任せしましょう!長年の技術を駆使して施工してくれるので、満足のいく仕上がりになりますよ。
コミコミ価格で安心の雨漏り対策なら│雨漏り修理110番

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年7月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031